色々な方法がある芝生の手入れ方法|業者に任せるのも一つの手

男性
このエントリーをはてなブックマークに追加

理想の庭を作る

キレイな庭を作りたいと考えているなら、庭作りと植物の専門家である造園業者を利用するのが一番です。造園業者は、どうすればバランスのとれた美しい庭にすることができるのかを熟知しています。また、植物に関する専門知識を豊富に有していますので、とても頼りにすることができます。

ガーデニングに必要な知識

庭の雑草対策の特色は、防草シートや砂利で太陽の光を防ぐ、除草剤を使って根から枯らす方法があります。自然に庭の雑草対策したい場合、覚えておきたいのが、グランドカバーについてです。芝生やクローバーなどの植物を植える事により、雑草を予防できます。

芝生を維持する

芝生を植えるのは簡単ですが、実際に手入れをするのは簡単ではありません。きれいに維持するためには、毎週芝刈りをする必要がありますので、自分で手入れをすることが効率的です。芝生を植えている面積などによって芝刈機を選ぶ必要があります。

独特な方法がたくさん

ハサミ

目土

芝生には独特の手入れ方法があり、それは目土と言われるものです。生えている芝生の上から、ホームセンターなどで購入できる目土用の土をかけることによって、新しい芽が出てくる働きを促します。他の植物では馴染みが薄い作業ですが、目土をすることで成長の仕方が大きく変化します。また、目土をした後に生えてくる芽は柔らかな芽になりますので、芝生本来のふわふわした感じを味わいたい方には特におすすめです。目土による手入れの頻度は多すぎても芝生に悪影響はありませんが、一年に一度から数年に一度の実施で十分です。特に、全体に目土をするよりも凹凸がある部分を平らにするように目土をすることで、芝刈りなどの手入れを行いやすくなります。

根を切ってさらに元気に

芝生ならではの手入れとして、根切りやエアレーションと呼ばれるものがあります。これは、根が生えると基本的にそのままになってしまう芝生の特徴に対して、リフレッシュされるためのものと考えると良いです。根切りとは、文字どおり専用の道具で生えている根を切る作業ですが、これによって枯れてしまうことはありませんので心配は不要です。根切りでは、根元に新鮮な空気を届ける効果と、古い根を切って元気な新しい根を生えさせる効果があります。定期的に根切りを行うことで、芝生自体が若返るような効果がありますので、その後の成長も促進されます。このように、芝生には独特の手入れがあり、手をかけながら育てる楽しみを味わうことができます。